キャッテリーの理念

スコティッシュフォールドのブリーディングをしようと思ったきっかけのお話を少しだけさせて頂きます。ねこちゃんを飼おうと思ったのは私が体調を少し崩してしまった時に夫からペットでも飼おうか、と言われたことから始まりました。全く知識もない所からねこちゃんを飼い始め、ごはんからトイレから試行錯誤しながらいかにねこちゃんが快適に過ごせるかを考えて今の状態に至ります。

最初は1匹だったスコティッシュフォールドが気が付けば2匹に増えていました。
他の品種は飼ったことがないので分からないのですが、スコティッシュフォールドの丸く愛らしい顔、穏やかな性格、どれを取ってもとても魅力的なものです。
ねこちゃんってこんなに可愛いものなんだと思うと同時に今まで飼っていなかった年月を悔やんだくらいです。
そして一緒に暮らしていく内に、自分の家族である可愛い子達の血筋を受け継いだねこちゃんが他のご家族様の元で大切に愛されて育てられいるのを見ることができたらなんて幸せなことだろうと思ったのです。

しかしながら、ブリーディングという行為自体本当に自分が行ってもいいのだろうかと自問自答の毎日が始まりました。簡単に命を生み出してしまえるからこそ、そこにはたくさんのリスクがありそれに対して責任を取れるのか。悩みながら夫婦で何度も相談を重ね、必ず下記の項目を行うという条件で始めることになりました。以下がその条件です。

①両親となるねこちゃんが健康であること(年1回の健康診断)
②スコティッシュフォールドが抱える深刻な遺伝子をなるべく残さないような交配にすること
③両親となるねこちゃんに遺伝子検査を行い両品種に多いとされている病気の遺伝子が2匹ともクリアであること(具体的には、多発性嚢胞腎と肥大型心筋症)
④お母さんねこの出産は母体の負担を考慮し1年に1回とすること

利益優先でとにかく折れ耳のねこちゃんをたくさん産ませ、各個体に目が行き届かないような環境下で飼育を行っているブリーダーも残念ながらおられます。ねこちゃんが好きならば、一番優先されるべきはねこちゃんの健康と安全のはずです。ペットショップで売られているねこちゃんは見た目は可愛いかもしれませんが、どのような人がどのような場所でブリーディングしているかは分かりません。
このページをご覧になってこれからねこちゃんを飼おうと思っている方はできればブリーダーの所へ足を運び、両親ねこちゃんや育った環境をご自身の目で見て確かめて頂きたいと思います。


もしご縁があり当キャッテリーの子ねこをおむかえして頂けることになりましたら、子ねこの成長の様子を1年に1回でもお写真などで送ってもらえるととても嬉しいです。
また、ねこちゃんを通して人の輪がつながっていけばそれも素晴らしいことだと思います。


どうかみなさまのねこちゃんライフが充実したものになりますように

*:゚+。.☆.+*✩⡱:゚*:゚+。.☆.+*✩⡱:゚*:゚+。.☆.+*✩⡱:゚*:゚+。.☆.+*✩⡱:゚*:゚+。.☆.+*✩⡱:゚*:゚+。.☆.+*✩*:


SWEETSOUL